スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yagisky
 
[スポンサー広告
でっかいおすすめです! 【ARIA】
『ARIA』とは、
テラフォーミングされ「アクア」と呼ばれるようになった火星にある都市「ネオ・ヴェネツィア」を舞台に、
一人前のゴンドラ漕ぎを目指す少女達の姿を描いています。
前作には全2巻のAQUAがあり、
2008年に、全12巻で完結しました。

とてものんびりまったりとしたストーリー。
POPでは「未来形ヒーリングコミック」と紹介されていました。
一話で1つのお話が終わる形をとっているので、非常に読みやすいです。

『ARIA』にはハラハラドキドキといった展開は(ほとんど)ないです。
だからそういった冒険ものをお求めの方にはお薦めできません。


『ARIA』は見習いから半人前、そして一人前のゴンドラ漕ぎになるまでの日常を
主人公の灯里や個性ある他キャラクターの目線で語られています。
お話の中で主人公達が少し悩んだりすることもありますが、
その話の中で周りの人間の言葉等々で各回全て素敵にまとまります。


主人公の灯里は、とにかくなんでも「素敵」だと感じることができる子です。
そしてそれを素直に言葉にしちゃいます。
(友人の愛華に「恥ずかしいセリフ禁止!」と言われまくります)
きっとそんな灯里や周りの素敵な人間がいるからこそ、
この作品はこんなにも心がほっとする作品に仕上がっているのでしょう。


どうしたら毎日が楽しく生きられるのか。
苦しい時や悲しい時はどうすればいいのか。
見習いゴンドラ漕ぎの日々を描く中で、とてもたくさんの名言がこの作品には埋まっています。

ぜひぜひ、ちょっと疲れている方や息抜きしたい方、手にとってみてください。
こんなに人にお薦めしたいコミックは他にありません。

ARIA(12) (BLADE COMICS)ARIA(12) (BLADE COMICS)
(2008/03/10)
天野こずえ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Posted by yagisky
comment:1   trackback:1
[
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。